鮨処 以とう


海苔好きのおばあちゃん


海苔と言う字は海の こけ と書きますね。
その海苔についてのお話です。

数十年前シドニーで仕事をしていた時の事です。

日本の食材専門店によく仕入れに行っていました。

私はそこの店員と親しくなり色々と話をするようになりました。

ある日海苔を仕入れようとした所、全く海苔がなく店員に尋ねました。

すると店員は、海苔好きのおばあちゃんがいて、たくさん海苔を食べたせいで、亡くなってしまい州が海苔の輸入を禁止したと教えてくれました。(実際は誤診だったのですが)

私は驚きと同時に本当に困り果て、悩みました。

海苔のない鮨屋はあり得ない。
でも、どうしても手に入れなければならない。

そこで手に入れた方法はというと、機長やCAさんの手荷物にこっそり紛らせて持って来てもらう。

数か月間の事でしたが、その時は本当に助かりました。
今だから話せますが、これも密輸と言うんでしょうか…

外国人の方は海苔のような黒い食べ物をあまり好みません。

海苔巻きなどは黒い部分を見せず、内側に巻くなどしていました。
カリフォルニアロールも海苔があまり見えないようにできています。
外国人の食事に海苔は好まれないのかもしれませんね。

現在は、そのような事はあまりない様ですが…



最上階のレストランにて
海苔好きのおばあちゃん

「へぇーそうだんだ」 トップへ戻る
〒107-0052 東京都港区赤坂6-6-29 サンバレー赤坂1F (MAP) ご予約 TEL:03-3224-1464
copyright (C) 2017 ITO YA CORPORATION All Rights Reserved